人生は旅とアート。明日でさえも 何があるか分からない。現在バリ島での生活を終え 再び拠点は日本。絵本の制作と写真 エッセイなどを手がけながら日々奮闘し生きる私の 盛りだくさんなアートな人生。


by eri-kondo-art

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
自己紹介
再び、日本へ
バリ島ウブドでの暮らし
バリ・旅天使ほーの物語
アート(絵・絵本・教室の様子)
セドナ・旅天使ほーの物語
旅天使ほーの物語
☆フラワーセンターにて親子工作
☆サンキャッチャー
☆北鎌倉 円覚寺遠足
☆真鶴 ハーブの宿
☆魂の花の家
☆大森商店街 リトルアキナイ
☆女神と天使のお茶会
☆個人プロフィール写真
ペロロ
えりの日常フォトグラフ
BOHEMIAN TRIP
「おかあさん あのね」動画絵本
パステルランドPV
パステルランド2014展覧会
未分類

以前の記事

2016年 06月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

その他のジャンル

外部リンク

記事ランキング

画像一覧

オバケの町 ジェロームへ

遺跡を巡ると
音を立てて風がふく

このあともずっと風がついてきて
インディアンさんたちの声がするねと
ほーちゃんが言っていました

ツゥジグートの次はジェロームへ
アリゾナ最大級のゴーストタウン
町自体は小さくて
古きよきアメリカを思わせる
かわいい町です

かつては鉱山で栄え
豊かな町だったジェローム
鉱山の閉鎖により急速にさびれ
誰もいなくなったそう

捨て去られた家には
アーティストたちが移り住み
荒れ果てた家が
レストランやホテルになり
ジェロームは廃墟の町として
人気を呼び
生まれ変わりました

c0254488_155138100.jpg


c0254488_15515320.jpg


オバケの町だと
最初は怖がっていたほーちゃんも
明るい雰囲気に一安心

c0254488_1552778.jpg


丘の上に建つホテル兼レストラン
もとは病院

ジェロームの町で
ひときわ目立つ建物です

c0254488_15521865.jpg


どうする?
はいってみる?

こちらではいまだに
数々の怪奇現象が起こっているそう
恐る恐る潜入

c0254488_1552295.jpg


ちょうどお昼時だったということもあり
レストランはにぎわっていましたが
ホテルに続く廊下は
何だかちょっと怖い・・・

c0254488_15524565.jpg


早くでようよ!と
急ぎ足でホテルを出ましたが

このあとに撮った写真では
ホテルが光りのシャワーに包まれていました
ここは大丈夫 ということなのか
守られているから大丈夫 ということなのか
とにかく大丈夫だと感じました

c0254488_17502934.jpg


ここは誰でも
オバケが身近になる町
なのでしょうね

c0254488_17495774.jpg


大きな廃墟の一角に
一軒だけあったストーンショップ
このお店の奥に
大きな窓がありました
その前に立ったとき
急に目の前がくらくら
床が揺れました

石のせいか
場所のせいか
はたまた両方か
それとも単なるめまいか
わかりません

目に見えない世界は
常に隣り合わせですものね




ブログランキングに参加しています。
↓ こちらを押していただけると嬉しいです^^
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by eri-kondo-art | 2013-10-03 18:02 | セドナ・旅天使ほーの物語